PAGE TOP

腎臓の機能を維持するための食事

腎臓病の食事宅配を初めて利用するポイントおさらい

腎臓病宅配食は、食事療法が効果的行うのをサポートする食事です。主にたんぱく質・食塩が制限してあり、腎臓病の悪化を抑制し、制限食の手間を軽減します。是非、お試しください。

腎臓の機能を維持するための食事
慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウム摂取を減らす必要があります。
一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や果物とくらべて含まれているカリウムが、エラーなく多量です。
もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合にはさらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。
。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。

尿を造る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在しはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作るはたらきをしたり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。
腎臓の治療は持ちろん病院にきて似つかわしい治療をうけることも先決ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。 CKDの治療において薬物治療と食事療法は重要で、前むきにこれらの管理を行なうことでCKDの悪化を抑制できます。食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。


CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半数であるために、いわゆる蛋白制限食は不味い、カロリーが取れないなどで、実施困難な方を多く見うけます。食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。
一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を摂りましょう。天然のだしは料理の味付けに最適です。

慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。



たんぱく質が多く含まれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。
たんぱく質の制限を必要としている方に似つかわしい食品として市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。


管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてちょうだい。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。例えば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明りょうにします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。

腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると腎不全といわれる状態になります。病状が急速に悪化する急性腎不全と、長い期間を経て徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。



急性腎不全においては、的確な治療と病状に至る原因を取り除くことができれば、健康な状態への回復が期待できます。
一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはないでしょう。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、会社や個人などで定期的に健康診断を受診し、治療と症状を悪化させない生活を心がけることで健康的な生活を維持することが可能となるのです。
それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには自覚症状が出ないものもあるため、常に油断しないようにすることです。

場合によっては尿に病気のサインが出るので、医療機関を受診しましょう。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。

食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。
食事療法については、栄養士に教えて貰いながら具体的に応用した食事を作ることもできるのです。開業医さんで食事指導をうけられないときは、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的意見を頂くこともよいと思います。
腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしており左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが数多く集まっています。腎臓におけるメインのはたらきは、たんぱく質の代謝によって発生した血液中の老廃物や毒素といったものを尿と一緒に体外へ排出します。


その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどの重要な役割を担っています。

一度失われてしまった腎臓の機能は、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。

また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、昨今では透析療法や移植にとどまらずますます治療法も増加しており、患者自身の願望に沿った治療をうけることができます。
関連記事