PAGE TOP

一度失われてしまった腎臓の機能は元には戻りません

腎臓病の食事宅配を初めて利用するポイントおさらい

腎臓病宅配食は、食事療法が効果的行うのをサポートする食事です。主にたんぱく質・食塩が制限してあり、腎臓病の悪化を抑制し、制限食の手間を軽減します。是非、お試しください。

一度失われてしまった腎臓の機能は元には戻りません
一度失われてしまった腎臓の機能は、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。

進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅らせることができるようになりました。治療法も多様化してき立ため、末期腎不全で腎機能の回復がむずかしい状態にあっても、昨今では透析療法や移植にとどまらず多種イロイロな治療法も増えているので、個々の状態と環境にマッチした治療を見つけることが可能です。



たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。



もし標準体重が60kgくらいであれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。

例えば、食品に含まれる蛋白の量をしりたいときはよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。食事療法については、栄養士に教えて貰いながら具体的に応用した食事を作ることも可能です。

開業医さんの中には食事指導がむずかしい場合もあるので、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。


食塩制限は腎臓の負担を軽くします。
食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。
加工された食品や塩分の多い食品はさけて、なるべく生の食品を選びましょう。毎日の料理には、天然のだしを使ってみましょう。

天然の味をおいしく食べることができます。食べ物の中にはたんぱく質が多く含まれる食品、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。

たんぱく質の制限を必要としている方に似つかわしい食品として「低たんぱく質食品」が市販されています。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみて下さい。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。

食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリーが取れないなどで、実施困難な方を多く見うけます。腎臓病の種類には遺伝因子からくる腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、早期発見のためにも習慣的に健康診断をうけ、日常的に規則正しい生活をつづけることにより健康的な生活を維持することが可能になります。
ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず日常に支障をきたさないものもあるため、予防がナカナカむずかしいのも現実です。判断材料として尿の状態があるので場合によっては、まずは医療機関での受診を優先しましょう。


腎臓ははたらきが弱くなると病状が進んで腎不全へと推移します。

その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、長期間にわたりじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。



急性腎不全においては、的確な治療と病状悪化の元を探り除去することにより、健康な状態への回復が期待できます。慢性腎不全については、その特長によりゆっくりと腎機能が失われ、回復することはありません。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっているんです。

この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿をつくり体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質の調整を行ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球をつくり出したり、私たちの体にとって大切なはたらきをしています。 言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し似つかわしい治療をうけることも先決ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直す事が大切だと思います。
腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復がむずかしいので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生のままの野菜や果物と比較すると多量のカリウムが含まれています。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。



1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのようにして献立を考えたらよいか、それぞれに似つかわしい食塩の減らし方などを教えます。

低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。


現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。
摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。
尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を掌握します。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓は腰の辺りに左右1個ずつあります。糸球体という小さな血管がありますが、腎臓にはこれがあまた密集している場所でもあります。



腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、さらに、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。
関連記事