PAGE TOP

野菜ジュースは、生の野菜や果物とくらべてカリウムの量が多い

腎臓病の食事宅配を初めて利用するポイントおさらい

腎臓病宅配食は、食事療法が効果的行うのをサポートする食事です。主にたんぱく質・食塩が制限してあり、腎臓病の悪化を抑制し、制限食の手間を軽減します。是非、お試しください。

野菜ジュースは、生の野菜や果物とくらべてカリウムの量が多い
腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、徐々にカリウム排泄能力が低下していく事が多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウム摂取を減らす必要があります。

一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や果物とくらべてそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。
仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。
腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。
病状が急速に悪化する急性腎不全と、長い期間を経てじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。

急性腎不全は、状態に応じた治療を実行し病状悪化の元を探り除去することにより、腎臓の機能が回復する可能性があります。


一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。
現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。



標準体重を約60kgと仮定すると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。
食品のたんぱく質含有量についてもよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導でいろいろと工夫してやっていけます。仮に開業医さんにご飯指導をうけ付けてもらえなかったら、腎臓内科のある近隣の病院を紹介して貰い、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。



腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、健康診断を習慣化し、万が一罹患した際にも治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで心身供に活力溢れた毎日を過ごす事ができます。
ところが、腎臓病の中にはすさまじく進行するまで日常に支障をきたさないものもあるため、常に油断しないようにすることです。
尿に違和感があった際には、すぐに医師へ相談して下さい。
ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はどの辺りにあるかというと、ちょうど腰辺りの左右に一個ずつです。


腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管があまた密集している場所でもあります。

腎臓におけるメインのはたらきは、たんぱく質の代謝によって発生した血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。
その他にも、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保ったり、さらに、赤血球を造るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨の成長段階に必要なホルモンを作り出すなどの重要な役割を担っています。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。

この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。当然ながら、腎臓に関する治療は病院を訪ねてふさわしい治療をうけることも先決ですが、日常的に健康的な生活を意識することが大事です。

薬物療法とご飯療法がCKD治療の要となり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。

そのためのご飯療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。


CKDステージ3の場合、理想(現実とはかけ離れていることも多いかもしれません)とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、栄養が足りないなどという意見で、実施困難な方を多く見うけます。


腎臓の機能に異常が顕れた時は、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。



近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅らせることができるようになりました。



治療法も多様化してきたため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身のQOL(生活の質)に合った最新の治療が期待できます。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。
加工品や塩分多めの食品よりも、できるだけ生の食品を摂りて下さい。
天然のだしは料理の味付けに最適です。


食材の味を楽し向事ができます。たんぱく質が多く含まれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。たんぱく質の制限が必要な方に適した食品として「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。

管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてちょーだい。


日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、また献立の工夫や、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。主要な低たんぱくご飯療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。

1日24時間の蓄尿の検査から計算します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。
関連記事