PAGE TOP

食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸

腎臓病の食事宅配を初めて利用するポイントおさらい

腎臓病宅配食は、食事療法が効果的行うのをサポートする食事です。主にたんぱく質・食塩が制限してあり、腎臓病の悪化を抑制し、制限食の手間を軽減します。是非、お試しください。

食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸
CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、前むきにこれらの管理を行うことでCKDの悪化を抑制できます。



食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食については、高血圧(高ければ高いほど危険だといわれていますね)の治療を容易にし、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)/日が相応しいとされていますが、日本人が平均的に摂る塩分・蛋白の量と比較するとだいたい半分になるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施するのが難しい方持たくさん見られます。
食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。

一日に6g未満が、食塩摂取量としては適切とされています。

市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、なるべく生の食品を選びましょう。

煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。料理次第で、薄味で持たいへんおいしく食べることができます。たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。
これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「低たんぱく質食品」が市販されています。具体的な使い方については、管理栄養士に相談してちょうだい。

健康な腎臓機能でなくなると、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。
しかし、近年では医療技術が進歩し、早期に治療を開始すれば、病態の回復までとはいかずとも、遅延も見込めます。治療法も多様化してきたため、末期腎不全で腎機能の回復が難しい状態にあっても、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはますます治療法も増加しており、患者自身の要望に沿った最良の治療が望まれます。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)で約0.8g/kgです。
60kg前後を標準体重(とにかく、毎日朝晩二回測ることで、太りすぎを防いだり、ダイエットにも繋がるといわれています)とすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。
例えば、食品にふくまれる蛋白の量を知りたいときは食品標準成分表で確認できます。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で具体的な工夫について指導してもらうことも可能です。

開業医さんで食事指導をうけられないときは、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、専門的な意見をもらってもよいでしょう。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、早期発見のためにも習慣的に健康診断をうけ、日常的に規則正しい生活をつづけることにより健康的な生活を維持することが可能になります。


ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自覚症状が出ないものもあるため、常日頃の健康管理が大事です。
日常生活の中で普段とちがう尿が出た場合は、まずは医療機関での受診を優先しましょう。私たちの腎臓はソラマメに似た形をしており腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。
さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管があまた密集している場所でもあります。
腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血中のいらなくなったものを尿とともに排泄します。
体内の電解質の濃度を一定に持続したり、また、赤血球を作り出すホルモンや血圧なども調整し、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。
近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。


この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を作りはたらきとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体のために重要な役割を担っています。腎臓の治療は持ちろん病院にきて薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。

腎臓病のうち慢性腎臓病については、腎機能の修復が難しいので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。


一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や生の果物と違って大概はカリウム含有量が非常に高いです。沿ういった理由もふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、さらに高カリウム血症の症状が顕れる恐れがあります。



日常の食生活において何をどのくらい摂取すればよいのか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。

低たんぱく食事療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。
尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなると次は腎不全と呼ばれる状態になります。腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけて腎臓のはたらきがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、本来の腎機能を取り戻す可能性があるのです。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行とともに徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。
関連記事