PAGE TOP

低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメイン

腎臓病の食事宅配を初めて利用するポイントおさらい

腎臓病宅配食は、食事療法が効果的行うのをサポートする食事です。主にたんぱく質・食塩が制限してあり、腎臓病の悪化を抑制し、制限食の手間を軽減します。是非、お試しください。

低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメイン
日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、減塩のポイントなどを教えます。

低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。


1日24時間の蓄尿の検査から計算します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。60kg前後を標準体重とすると、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。

食品にふくまれている蛋白の量については食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。
栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する具体的に応用した食事を作ることも可能です。開業医さんで食事指導が難しい場合は、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。

腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質のバランスを整えたり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球(毎日、骨髄で2000億個くらい作られて、120日ほどの寿命を終えると、脾臓や肝臓で分解されます)を生成したり、私立ちの体のために重要な役割を担っています。

腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。腎臓という臓器はソラマメに似た形状をしており腰の辺りに左右1個ずつあります。腎臓には糸球体とよばれているたいへん小さな血管が数多く存在している場所でもあります。


腎臓の主なはたらきは、たんぱく質の代謝により生じた血中のいらなくなったものを尿といっしょに排泄します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、さらに、赤血球(毎日、骨髄で2000億個くらい作られて、120日ほどの寿命を終えると、脾臓や肝臓で分解されます)を作るホルモンや血圧のバランスを整えたり、骨組織に必要なホルモンを作り出すなどの必要不可欠なはたらきをしているのです。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、感染などで起こる後天的なものまで多種ありますが、定期的に健康診断を受け早期に発見し、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることで健康な人と同じように生活することが可能です。

ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自覚症状が出ないものもあるため、常に油断しないようにすることです。
たとえば、いつ持とはちがう尿が出た場合は、ただちに病院で診察を受けましょう。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。
食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、その内減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。
減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、蛋白制限食は美味しくない、栄養が足りないなどという意見で、実施に及ばない方も多々見かけます。



食塩を制限することによって、腎臓の負担を軽減できます。
食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。

加工された食品や塩分の多い食品はさけて、できるだけ生の食品を摂りましょう。天然のだしは料理の味付けに最適です。料理次第で、薄味で持たいへんおいしく食べることができます。たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品(豆腐、油揚げ、豆乳、味噌、どれも体にいいイメージがありますね。
ただ、食べ過ぎると良くないという説もあるようです)・乳製品があります。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に「低たんぱく質食品」が市販されています。


管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてちょーだい。



腎臓の機能は一度失われると、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。
近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減され立ため、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅延も見込めます。病状が末期腎不全に推移しても回復の見込みを著しく悲観することはなく、透析療法や移植といった腎代替療法の中でも多種いろいろな治療法も増加しているので、患者自身の現状に照らし合わせた治療を受けることができます。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、カリウム摂取を減らす必要があります。



野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもカリウム含有量は極めて高いものが多いです。
そのため、腎機能障害のある患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、さらに高カリウム血症の症状が顕れる恐れがあります。

腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくると一般的に腎不全へ移行します。
腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、長い年月をかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。先に挙げた急性腎不全は、適切な治療を行って腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、健康な状態への回復が期待できます。後に挙げた慢性腎不全では、腎不全の進行といっしょに腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。
関連記事