PAGE TOP

運動不足はCKDの進行の速度を早める

腎臓病の食事宅配を初めて利用するポイントおさらい

腎臓病宅配食は、食事療法が効果的行うのをサポートする食事です。主にたんぱく質・食塩が制限してあり、腎臓病の悪化を抑制し、制限食の手間を軽減します。是非、お試しください。

運動不足はCKDの進行の速度を早める
腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、日頃から健康診断を怠らないようにし、病気と無縁の生活状態を意識することでいつもと変わらない健やかな生活を送ることができます。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず日常に支障をきたさないものもあるため、現実的にはこれといった対策が難しいところがあるようです。場合によっては尿に病気のサインが出るので、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。


近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。
腎臓は尿を作る臓器で背中に二つあって機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作るはたらきをしたり、私たちの体のために重要な役割を担っています。



腎臓に関する治療は病院に行ってそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、毎日の食事や生活習慣を改めることの方が大切です。


慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、体内のカリウムを体の外へ排泄する力がだんだんと落ちていき、カリウムの摂取と排泄のバランスを保つために必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。
市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生の野菜や生の果物と違って多量のカリウムがふくまれています。そのため、腎機能障害のある患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。現在推奨されているタンパク摂取量は、標準の体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。仮に標準の体重を約60kgとすれば、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。

食品のたんぱく質含有量についてもよく見かける食品標準成分表を参考にするとよいでしょう。これらの食事療法については、栄養士からの食事指導でいろいろと工夫してやっていけます。



開業医さんで食事指導を受けられないときは、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思っております。CKD治療の柱は薬物治療と食事療法になり、CKDの進行を防ぐ為にもこれらの自発的な管理が必要です。



食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、これは日本人(なんだかんだいって、けっこう恵まれているのかもしれませんね)の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施に及ばない方も多々見かけます。腎臓の機能に異常が顕れた時は、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。

ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅延も見込めます。



また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、これまでの透析療法や移植とは別に多種様々な治療法も増えているので、患者自身のQOL(生活の質)に合った最良の治療が望まれます。私たちの腎臓はソラマメに似た形をしており腰の辺りに左右1個ずつあるようです。

さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管がたくさん集まっている場所です。

腎臓の主なメカニズム(自然現象や人体などについては、詳しいメカニズムが判明していないことも少なくないのです)として、たんぱく質の代謝の際に生じる血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。その他にも、体内にふくまれる電解質の濃度を一定に保ったり、または、赤血球を作るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨組織に必要なホルモンを創り出すなどの私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、また献立の工夫や、それぞれに似つかわしい食塩の減らし方などを教えます。
治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。

患者さんが実際にどれくらいのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。一日における排泄物を検査し計算をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。
腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大切です。適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、生の食品を選びましょう。

煮物や汁物などには、天然だしの使用をお勧めします。天然の味をおいしく食べることができます。



肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。



たんぱく質の制限を必要としている方に似つかわしい食品として市販やインターネット(たいへん便利ですが、その反面、ウイルスや詐欺などの危険もあります)通販の「低タンパク質食品」も選択できます。管理栄養士に相談しながら、具体的に使ってみてください。腎臓機能が低下し腎臓病が悪化してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。


腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長期間にわたりじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があるようです。

急性腎不全においては、的確な治療と腎機能の悪化に伴う要因を払拭できれば、本来の腎機能を取り戻す可能性があるようです。慢性腎不全については、その特性により腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。
関連記事