PAGE TOP

腎臓病の食事宅配を初めて利用するポイントおさらい

腎臓病の食事宅配を初めて利用するポイントおさらい

腎臓病宅配食は、食事療法が効果的行うのをサポートする食事です。主にたんぱく質・食塩が制限してあり、腎臓病の悪化を抑制し、制限食の手間を軽減します。是非、お試しください。

腎臓病の食事制限は宅配食が便利
腎臓は枝豆に似た形をした臓器で左右に一対が、腰の辺りに存在します。腎臓には糸球体というごく小さな血管が数多く存在している場所です。

腎臓の主なはたらきはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血中のいらなくなったものを尿と一緒に排泄します。体内の電解質の濃度を常に変わらずキープしたり、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなど必要不可欠なはたらきをしています。
CKD(慢性腎臓病)治療の主なものは薬物治療と食事療法で、前むきにこれらの管理を行なうことでCKD(慢性腎臓病)の悪化を抑制できます。


食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食は高血圧治療を容易にして、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKD(慢性腎臓病)ステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取する量に比べると約半分であるせいで、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施するのが難しい方持たくさん見られます。そんな時は腎臓病食事宅配を利用して食事療法を継続します。


腎臓の病気には遺伝的要因からくる腎炎であったり、感染などで後天的に起こるものまで色々ですが、日頃から健康診断を怠らないようにし、病気と無縁の生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)状態を意識する事により心身一緒に活力溢れた毎日を過ごすことができます。

それでも、これら腎臓病と呼ばれるものには無自覚なものもあるために、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。日常生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)の中で普段と違う尿が出た場合は、ただちに病院で診察を受けましょう。
日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、食事のメニューはどのようにしたらよいか、減塩のポイントなどを教えます。たとえば低たんぱく食事療法の場合、治療用の特殊食品を使いますので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。クレアチニン下げる食事も必要になってきます。


現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。



24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。

日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。



腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。



その内、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことができれば、腎機能の回復が見込めます。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って腎臓の機能が遅々として失われ、機能回復は期待できません。
腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。
食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。

加工品や塩分多めの食品よりも、なるべく生の食品を選びましょう。


料理には天然のだしで味付けしてみましょう。

慣れてくると、薄味でもおいしく食べることができます。たんぱく質が多くふくまれる食べ物として、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。


たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に市販でも購入できる低たんぱく質食品通販があります。

目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょうだい。一度失われてしまった腎臓の機能は、慢性腎不全に進行するパターンがほとんどです。近年の医療技術によって、それらの治療の困難さが軽減されたため、未然に腎臓の機能低下を防いだり、遅らせたりすることが可能です。

また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、昨今では透析療法や移植にとどまらずさらに治療法の選択肢が増えているため、患者自身のQOL(生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)の質)に合った治療を選ぶことが期待できます。

もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。60kg前後を標準体重とすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。
食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表を参考にして貰えばよいと思います。食事療法については、栄養士に教えてもらいながらいろんな工夫について知ることができます。

仮に開業医さんに食事指導を受け付けて貰えなかったら、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。



尿を創る臓器である腎臓は背中に左右一つずつ存在し体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質のバランスを整えたり、さらに血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を造り出したり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりの対処も大切ですが、それ以前に、日頃の食生活(変わらないことの繰り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)習慣を見直すことが大切です。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明白に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。クレアギニンEXはカリウムに効果を発揮するノコギリヤシを多く含んでいます。

市販の野菜ジュースは、野菜や果物を濃縮したものなので、生野菜や素のままの果物に比べてそのものにふくまれたカリウムの量が圧倒的に多いです。

食塩制限は腎臓の負担を軽くします
食塩制限は腎臓の負担を軽くします。
適切な食塩摂取量の目安として一日6g未満が推奨されています。加工された食品や塩分の多い食品はさけて、なるべく生の食品を選びましょう。

天然のだしは料理の味付けに最適です。薄味でもおいしく食べることができます。

肉・魚・卵・大豆製品・乳製品は、たんぱく質が多くふくまれる食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)です。たんぱく質制限が必要な方には、これらのたんぱく質含有食品以外に「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。
目的に応じて、使い方などは管理栄養士に相談してちょーだい。ソラマメの形状に類似した我々の腎臓はちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。
この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが数多く集まっています。
腎臓の主な機能として、体内のたんぱく質の代謝の過程で生じる血液の中のいらないもの、老廃物や毒素(体にとって害をもたらす物質です)といったものを尿の中に排出します。
体内の電解質の濃度を一定に持続したり、赤血球を創るホルモンや血圧調整、骨組織に必要なホルモンを創り出すなどの私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。


慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明確に改善する事は少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。



野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもそのものにふくまれたカリウムの量が圧倒的に多いです。



その影響で、腎機能が低下している患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症を呈する危険性が多くなります。健康な腎臓機能でなくなると、健康体へもどることが難しく悪化すれば慢性腎不全になります。


ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅らせたりすることが可能です。

また、末期腎不全まで進行し腎機能の回復が見込めない状態になっても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身の現状に照らし合わせた最良の治療が望まれます。CKD治療の主なものは薬物治療とご飯療法で、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大事です。
減塩と蛋白制限がご飯療法の要となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。

CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、日頃のご飯よりも蛋白制限食は美味しくない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施困難な方を多く見うけます。腎臓病が徐々に進展してくるといわゆる腎不全と言われる病態に移ります。

そのうち、急激に腎臓機能が低下する急性腎不全と、長い期間を経てじっくりと肝臓を蝕む慢性腎不全があります。急性腎不全においては、的確な治療と病状に至る原因を取り除くことができれば、本来の腎機能を取り戻す可能性があるのです。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しないのです。



腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、日頃から健康診断を怠らないようにし、病気と無縁の生活状態を意識することで気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。


ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自分ではなかなかわからなかったりするので、現実的にはこれといった対策が難しいところがあります。


場合によっては尿に病気のサインが出るので、ただちに病院で診察をうけましょう。たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で捜してみて参考にするとよいでしょう。これらのご飯療法については、栄養士からのご飯指導で具体的に応用したご飯を創ることも可能です。

もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。


一日のご飯の種類や量についてや、また献立の工夫や、さらに食塩の軽減対策などを指導します。主要な低たんぱくご飯療法は、治療用特殊食品の使用が要となりますから、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。
一日における排泄物を検査し計算をします。
日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、たんぱく質や食塩の摂取量を掌握します。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっていますよね。

この腎臓という臓器は背中のあたりに左右一つずつあり尿を創り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。
腎臓病治療は当然病院でそれに応じた治療をうけることが望ましいですが、毎日のご飯や生活習慣を改めることの方が大切です。
低蛋白食品も積極的に活用しよう
たんぱく質の最適な摂取量とは、標準体重で1kgあたり0.8gほどになります。


60kg前後を標準体重とすると、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。
蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で具体的に応用した食事を創ることも可能です。もし開業医さんで食事指導まで行き届かない場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。
腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大切です。
食塩摂取の適量は、一日6g未満とされています。

市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、なるべく生の食品を選びましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をおすすめします。
料理次第で、薄味で持たいへんおいしく食べることができます。
たんぱく質が多くふくまれる食品に、肉・魚・卵・大豆製品・乳製品があります。これらのたんぱく質を含んだ食品以外でも、たんぱく質制限が必要な方用に市販やネット通販の「低タンパク質食品」も選択できます。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてちょうだい。腎臓の病気が進んで腎臓の機能が低下してくると一般的に腎不全へ移行します。腎不全には、腎臓の機能低下が著しい急性腎不全と、長い年月をかけてゆっくりと腎臓の機能を鈍らせる慢性腎不全があります。
急性腎不全の場合は、病状に似つかわしい治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)と腎臓の機能を悪化させた原因を取り除くことが出来れば、健康な状態への回復が期待できます。ただ、慢性腎不全に至っては病状の進み具合によって腎臓の機能が徐々に失われ、腎機能は回復しません。



近年、腎臓のはたらきが悪くなる方が増加し問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体内で必要のなくなった老廃物を体外に排出したり、電解質のバランスを整えたり、血液が酸性に傾かないようにしたり、血圧をコントロールしたり、赤血球を創るはたらきをしたり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

腎臓に関する治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)は病院に行ってそれに応じた治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)をうけることが望ましいですが、日常的に健康的な生活を意識することが大切です。



慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりもそのものにふくまれたカリウムの量が圧倒的に多いです。


そのため、腎機能障害のある患者さんが、日頃からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに高カリウム血症の症状が顕れる惧れがあります。



腎臓病は遺伝性の腎炎から、あるいは感染などが原因で先天的なものに起因しないものまでさまざまですが、日頃から健康診断を怠らないようにし、日頃からマイペースなリズムで生活することによって健康的な生活を維持することが可能になります。

ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず自己判断が難しいものもあるため、常日頃の健康管理が大切です。例えば、いつもとは違う尿が出た場合は、ただちに病院で診察をうけましょう。CKDの治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)において薬物治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)と食事療法は重要で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。


減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、高血圧治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)を容易にするには減塩食がふさわしく、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。


CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされていますが、日本人の平均的な塩分・蛋白の摂取量にくらべると半分くらいであるせいで、いわゆる蛋白制限食は不味い、あるいはカロリー不足などの懸念から、実施困難な方を多く見うけます。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、具体的な献立の工夫や、減塩のポイントなどを教えます。
主要な低たんぱく食事療法は、治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)用特殊食品の使用が要となりますから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。
現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。一日における排泄物を検査し計算をします。



尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を分析できます。


腎臓の形はというとソラマメに似ていて腰辺りの左側と右側に1個ずつ存在します。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが無数に存在するのです。
腎臓の主なメカニズムとして、たんぱく質の代謝の際に生じる不要なもの、いわゆる血中の老廃物や毒素を尿の中に排出します。
体内にある電解質といわれるものの濃度を一定に保ったり、あるいは、赤血球を創るホルモンや血圧の調整、骨の組織に関係するホルモンを形成するなどのたいへん重要な役目を司っています。一度失われてしまった腎臓の機能は、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病態になります。
進行の回避には早期治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、病態の回復までとはいかずとも、なるべく現状を保つことも期待できます。

末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、これまでの透析療法や移植とは別にいくつもの選択肢が用意してあるため、患者自身の希望に沿った最良の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)が望まれます。